2017.04.28

足らんぞを知る。


世の中はゴールデンウィークへ
突入ですな。

もうすぐ
一年の半分に差し掛かると思うと
空恐ろしい・・・。


さて
だいぶ前に

『キレイな色が着たい病』

にかかり
チェックアンドストライプで買った
やさしいリネン。



・・・やっぱりキレイな色だなぁ。

ミントグリーンは
1,5Mしか買ってないから
有無を言わさずブラウスに決定だな。


こちらのピンクは
サーキュラースカートにしたいなぁ。

DSC03379.jpg

フレアたっぷり。
腹の出ているのが目立ちません。

上半身はコンパクトにまとめて
大人っぽく(もう十分大人だが)
着てみたい(妄想中)

いそいそと
型紙を切り出して
生地の上に並べてみたら・・・


足りない。


どう並べてみても
どう眺めてみても・・・


足りない(涙)


仕方ない。

・・・では気を取り直して
ワンピースにするとしよう。

DSC03380.jpg

ネイピーのカーディガンと合わせたり
グレーのストールなんかを首元に持ってきたりして
着てみたい。



・・・足りない(嗚咽)



数ヶ月前の
チェックアンドストライプのサイトを
食い入るように見つめ
ポチっている自分に
言いたい。


足らんぞと。



あぁ
どうしようかなぁ・・・。

何にしようか
もうさっぱり浮かばない。


うーん
うーん・・・



と考えた末
出来上がったのは・・・

DSC03377.jpg


真っ黒なスカート。







ある意味
心象風景とも言えます。






スポンサーサイト
2017.04.26

時代物


ステレオタイプな世の中は
怖い。




多分わたしも
意識しない間に
色んなことが刷り込まれているんだろうな。

そんなことを
思わせてくれた小説でした。



DSC03375.jpg

パラパラ読みしかできなかったけど
こちらも
すごーく時代を感じた
第1巻でした。









Posted at 19:50 | 本。 | COM(0) | TB(0) |
2017.04.25

優先順位


休日に
オットとホームセンターに出掛け
何気なくガーデンチェアを見てました。

「へぇ〜今はこんなにシンプルなのがあるんだ」

と思いつつ手を伸ばし
触っていたら
それは折りたたみ式だったらしく
いきなり天板が落ちてきて
左手の親指を挟んでしまいました。

『あぁピーシングを先にしとけばよかった・・・』

とぼんやり思いながら
うっすら入った赤い傷と
みるみる腫れていく親指を見つめていると
オットが

「すぐ冷やそう」

と隣のスーパーの食料品売り場に向かってくれ
ビニールに詰めた氷で冷やしました。

念のため
翌日病院で診てもらったところ
骨にも腱にも問題なし。

すぐに冷やしたおかけで
もうすっかり元通りです。





・・・ピーシングは?

という問いかけを自分にしたくらい
私のいう人間は
勝手なものですなぁ。

DSC03357.jpg


喉元すぎるの
早すぎます・・・。








2017.04.22


桜は散っちゃったけど
緑の美しい季節です。

鉢植えのクリスマスローズも
年々大きくなってきています。




玄関を開けたら
アンジェラの葉っぱが
いつの間にか増えてました。

DSC03367.jpg


・・・それにしても
竹が。

DSC03368.jpg


微妙。





2017.04.21

『気のきいた いつもの服』から


いくつかこの本から
パターンを写したけれど
まずは直線裁ちでできる
型紙のいらないブラウスを。



生地を無駄なく使えるのが
いいですねぇ。

ただ
袖付けは説明の通りにせずに
見頃の縫い代を縫い込まないように
袖をつけたので・・・

DSC03361.jpg


カフスも
このように縫いどまって・・・

DSC03362.jpg


見頃の縫い代を
挟み込むようにして縫い付けました。
手縫いです。

DSC03360.jpg


直線なのに
着てみると前中心と後ろ中心が
ピョンと跳ねるような感じになって
面白いです。

ちょっと変わったブラウスに
見えるような気がします。

DSC03363.jpg


なのに
平置きするとぺったんこ。

DSC03366.jpg


黒い生地は
ドビー織りのコットンです。

DSC03365.jpg


袖口は
思っていたより小さめでした。


着物のリメイクにも
良さそうです。