2017.03.29

もう元気


今日は
前から約束していた友人が
遊びに来てくれました。

・・・だのに
二日酔い。

頭痛くて
気持ち悪くて
上げ下し。


夕べオットが宴会で泊まりだったから
かんぽの宿に日帰り入浴しに行って
いい気になって
日本酒飲みすぎちゃった。

というと

「え!!
・・・一人飲み?」

と呆れられてしまいました。


友人ほったらかしで
横になって眠っている間に
なんと友人は
夕飯のおかずを作ってくれました!


・・・なんてありがたい!


ありがとう。
永遠に飲めそうだなんて
もう言わない。




DSC03321.jpg

あとは蒸すだけ
小籠包。






・・・お腹すいた。





スポンサーサイト
2017.03.28

これも出会い


尾道で
尾道ラーメンを食べたかったらしいオットは
お目当の店が閉まっていたのを見てあきらめ
商店街をしばしさまようことに
なりました。

・・・晩御飯難民か。


そう心配した時に
細い路地で偶然見つけた
蕎麦屋

『笑空』

とても感じが良くて
もうずーっと居たかったです。

一月も漬け込んだという
濃厚な味噌漬け豆腐をつまみに
ビールスピリッツに漬け込んだという
木内梅酒をいただきました。


めちゃうまー。


真似して今豆腐を仕込み中です。


店内のとあるコーナーに

「ぜひもらってください」

という張り紙の下にいくつか並んで置いてあった
徳利とお猪口。


最近ずっと
気にいるような徳利を探していたのですが
これは一目惚れ。

お猪口二つと一緒に
お持ち帰りさせてもらいました。




小ぶりで可愛い。
見ただけで顔がほころんでしまいます。

DSC03319.jpg


使うたびに
尾道のことを思い出せそうです。

DSC03320.jpg

最近気に入っているつまみ
それはシラスの素揚げです。


これをつまみに
もう永遠と日本酒を飲んでいられそう。


白いご飯にかけても
サラダのトッピングにしても
美味しいです。








2017.03.27

広島から尾道へ


結婚式の翌日
周防大島から広島へ出ました。


広島城へ。

敷地がすごーく広くて
歩き進んでいくと
堂々としたお城が現れました。

170321_1257~01


そして
行ったことのなかった
尾道へ足をのばしました。

薄曇りの
尾道水道。

170320_1636~02


そして
桜!

170320_1703~01


今年初の桜でした。

170320_1703~02


室町時代に建てられたという
天蜜寺。

170320_1705~01


城だの寺だの
惹かれてしまうお年頃。


雨が降ってきたので
商店街へ行くと
こんなところを発見。

170321_0954~02

玄関までの
中庭が可愛らしかったです。


商店街のお店の
それぞれの窓が(2階部分の)
まるで映画のセットのようでした。

街並みが独特で
細い路地とかたくさんあって
散歩したら発見ばかりありそうで
とても良いところでした!




それにしても
広島ってひっろーい。








こだまで移動。



2017.03.07


『羊と鋼の森』の作者
宮下奈都さんのほかの本を読んでみたくて
借りました。

あっという間に読めました。

『縫わんばならん』

こちらは
そのタイトルと
装画に惹かれて。

装画は草間彌生氏でした。




新たに借りてきたのは
ちょっと不思議な香りのする本です。

DSC03294.jpg


お酒飲みながら
読みたい。

というか
眺めたい。

DSC03295.jpg


もう一冊は
こちら。

DSC03293.jpg



・・・ここにもいます。











2017.03.05

松野竹灯籠まつり~里あかり~


生徒さんから

「これからボランティアで
里明かりの火を灯しに行くんです」

と聞いたので
私も訪ねてみることに。


陽が落ちたあと
竹に灯された明かりを頼りに歩いて行くと・・・

170304_1924~01


長勝寺にたどり着きます。

そこには
ライトアップされた
お雛様が。

170304_1927~01


細工の施された竹から
繊細な明かりがこぼれていましたが
ガラケー写メの限界・・・。

170304_1926~01


暗闇に浮かぶ柔らかい明かり。
幻想的な空間を散歩してきました。

170304_1935~02


私が行った時は
和太鼓と三味線のライブもありました。


勝浦ビッグ雛祭りに合わせて
里山も盛り上げようと
最初は一般家庭から始められたそうです。



すごいなー。