2017.11.06

同窓会


テンセル100%の
リバティで・・・




高校の同窓会へ
着ていくワンピースを
縫いました。

DSC03653.jpg


『ずっと好きな服』から
Vネックブラウスに
ギャザー袖をつけました。


DSC03655.jpg


後ろは
本の通りの開きで。

DSC03656.jpg


落ち感があって
ふわふわと気持ちのいい布です。


そして
ふわふわと楽しかった!



今度はいつ会えるかなぁ。









スポンサーサイト
2017.10.08

ギクッと


魔女の一撃を
食らってしまった・・・。

全くもって油断してました。
この数日をフイにしてしまったのが
悔やまれます(涙)


かろうじて
一撃の寸前に出来上がっていた
ユニクロワンピは
ブラウスになりました。



ダーツに
パネルライン
サイドもウエストにかけて
シェイプされているという・・・。

着れないのではないか
そんな不安と共に作った
Mパターンの
『ウエストシェイプブラウス』です。


DSC03625.jpg



もともと
袖がロールアップ仕様になっていたので
その名残が残ってしまいました。

解いて取り除こうとしたけれど
小さく穴が空きそうだったので
そのままに。

DSC03626.jpg

なるべく目立たないところへ
持っていったつもりだけど
否めない当て継ぎ感・・・。
せっかく新品なのに(新品ではない)

DSC03627.jpg



袖口のカフスは
後ろ中心にあったステッチを入れて
切り出しました。

DSC03624.jpg


表襟の布目は
バイヤスだったのに
間違えて背中心で取っちゃった・・・。

ちゃんとバイヤスで作ったら
どんな感じになったのかなぁ。

DSC03623.jpg

心配してたけど
なんとか無事に入りました!

袖に多めのいせが入っていて
動きにストレスはないです。

なんか
着た方がスタイル良く見える気がする・・・。









脱ぐとスゴイんです(古)







2017.09.18

パジャマ


パジャマのパターンで作ったら
どんな感じなんだろう

と思い
手芸屋さんで売られている型紙で
作ってみました。



大変ゆったりしております。

ゆったりしている上に
袖山のいせ込みもあるので
どんな寝返りを打ってもへっちゃらぽい。

ただパンツに付いてるポケットは
果たして使うだろうか・・・。



いつもの
ケチケチぎちぎち裁断で
なんとか生地を余らせ
こちらのブラウスも作りました。

DSC03610.jpg

「ずっと好きな服」
から
Vネックブラウスにプレーンな長袖です。


私には
ちょっと深すぎるあきだったので
半分くらいの長さに変えました。
見返しの形もそれに合わせ
今度は変えてみようと思います。

DSC03611.jpg

余ったところで
ブラウスまで作れちゃった

ほくそ笑んでいたけど・・・



寝るときにこれを着て

DSC03609.jpg


起きてこれに着替えたあと・・・

DSC03610.jpg

スーパーかなんかに出かけたりしたら


『アァ!
パジャマのままやんけ!』


などと
肝を冷やしそう・・・。








なぜ作る



2017.09.11

ヘビロテの理由


パジャマが
できました。



パンツは
ソーイングを始めたばかりの浮かれた頃に
チェック&ストライプの特価品で
5mも求めた生地です。

これで
ようやく使い切り。

薄手なのに透け感がなく
アイロンもあんまり気にしなくていい
大変重宝する品でした。
安かったし。



こちらのパターンは
クルールの
フェミニンブラウスです。


DSC03599.jpg

袖ぐりがくれていて
腕を上げても見頃が持ち上がりにくいし
袖山もいせ込んで作るので
前後左右に動かしても
ストレスなし。


実は
今着ているパジャマも
このパターン。


だいぶ前に
コットンボイルで作ったもので
あまりにも着心地がよくて
くたびれた頃パジャマに。

DSC03598.jpg


さらに洗濯してはすぐに着る
を繰り返していたら
いよいよ首元のゴムがビロ〜ンと。


その時のゴムは
ソフトタイプの4コールだったけど
今回は
強力タイプの4コールに
してみました。







・・・どれくらい持つかな。






2017.09.06

あぶないあぶない


パジャマを作ろうと思い
こちらの生地をチョイス。



カラフルな三角形がたくさん。
楽しい夢が見れますように。



ただ
この柄は天地があるので
切り出す時には
ちょっと注意して・・・と

DSC03593.jpg

注意していたはずなのに
危うく同じ袖を
2枚裁ちそうになるという。






すんでのところで
気がついてよかった・・・。







生地ギリギリだもの。