2011.06.28

ジジ画伯

妹から送られてきた写メール。
2歳になったばかりの甥っ子1号の似顔絵を ジジが描いたらこうなったそうです。

110624_134428.jpg






・・・盛ったあのアタマはなんだ!?



スポンサーサイト
2011.06.27

曇っていたものの 雨は降りそうになかったので洗濯し
干し終わってヤレヤレ・・・と一息ついて外を見たら
雨。

急いで干したばかりの洗濯物を取り込み部屋干しに。
扇風機の風を当てるようにしてドッコラショ・・・と座った途端
晴れ。

くそぅ。
様子を見ながら 懲りずにまた外へ出してみたところ
またしても雨。


ううーん。ドリフか。
それとも日頃の行いの悪さを知られていたのか。
天気に左右されてしまうこの作業 なんとかならんもんかいな。

結局もう面倒くさくなってしまったので
最度取り込んだ後は 部屋干し決定で一件落着しました。


落ち着いたところで 数日前の新聞を広げます。
広告欄に載っていた雑誌の宣伝で
女性が着ていたワンピースが可愛かったので
どんな色が使われてるのだろう・・・と気になっていました。

IMG_6112.jpg

配色カードを照らし合わせて 似た感じの色を取り出してみました。
主に上半身のカラーです。

IMG_6113.jpg

今度はカラーチャートでどのあたりのグループなのか見てみました。

IMG_6114.jpg

主にダーク&ディープトーン
淡いと思っていたピンクとベージュは並んでいて 明度と彩度共に中間でした。
赤だけがビビット。

黒と白の無彩色で区切られているというのが
まとまっている理由なのかなぁ。


ブルーグリーンとパープル ビビットなレッドの組み合わせは
なんとなく自分でも選びそうな気がするけど
これに中間色のピンクとベージュを持ってこようという発想は無かったです。



発見があって楽しいなぁ。




2011.06.24

照明

先日 建築家の渡邉義孝さんと共に照明ショールームへ行きました。
まずは 荻窪にあるオーデリックへ。



たくさんの照明が出迎えてくれました。

IMG_6107.jpg
IMG_6086.jpg
IMG_6105.jpg

ってありすぎだよう。
ここで家の9割がたの照明を決めていきます。

照明にはとても興味があって 特に間接照明に惹かれます。
社宅ではオトウトに手伝ってもらって作った(ほとんどオトウトが作った)
棚を兼ねた照明を時々点けて 壁を照らして楽しんでいます。

なので ここはパラダイス!
光のまぶしさも手伝ってか クラクラ わくわくしました。
まずは見学。

IMG_6090.jpg

壁を照らす照明がありました。
うーん。 当たり前だけどプロの仕事は美しい・・・・。
こんな明かりの部屋でお酒を飲みたい。


和室を想定したところにもそんな照明が。
部屋の真ん中にひとつだけ下げるような照明が多いような気がしますが(社宅もうちの実家もそう)
こういうのって素敵です。
てかてかに青白い蛍光灯で全てを照らすのではなく 暗さを味わえるような
侘び寂びのある雰囲気の部屋で日本酒もいいなぁ・・・。

IMG_6093.jpg

こちらはノッチなどで作品を照らすための照明コーナー。
光の色や広がり具合を確かめられます。
狭い範囲を照らしてドラマティックに物を照らすのもいいなぁ。

IMG_6102.jpg

光の色合いで 物の見えかたが違ってくるのを教えてくれるコーナー。
置かれている果物のサンプルが 確かにまずまずしく見えたり美味しそうに見えたりしました。
ちょっと布あわせにも重ねてみたりして。
布もとなり合うもの同志で 輝いて見えたり くすんで見えたり・・・。
面白いです。

・・・いたらない自分の料理を光でごまかすっていう手もありだな。
でも焦げたてんぷらはさすがに無理かな。

IMG_6100.jpg

手すりに照明が組み込まれているものも。
今はこういうのもあるんだなぁ。

IMG_6094.jpg

オットは 「これ↓いいね。」と言ってました。
・・・一体どこに!?

IMG_6104.jpg

コレだけたくさんあるので 当然カタログも分厚い。
新しくなったばかりのカタログを前に 四苦八苦しているスタッフの方の前で
渡邉義孝さんは 「ハイ 次は○ページです。」と
すごいスピードで次々とカタログを操ります。

・・・いやぁ~ この日一番圧倒されたのは実はそれでした。
ワタシにはとても無理だあ。


さて
お次は東京駅近くにあるyamagiwaのショールームへ。

ここではリビングの食卓を照らすための ペンダントライトを探します。
いい出会いがあるといいのだけれど。

IMG_6111.jpg
IMG_6108.jpg

思っていたより展示品が少なくて
お目当てのものは残念ながら無かったけど ここでもやっぱり目移りしてしまいます。
・・・結局決まらず。


                うーん。




Posted at 18:35 | 家づくり。 | COM(8) | TB(0) |
2011.06.16

作ってはみたものの・・・

C&Sの海のストライプという名前の生地で作ったスカートです。



ネーミングが上手だなぁ。
気分だけでも爽やかさんになれる様な気がします。

わりと張りのある生地なので ギャザーを寄せるとしっかり膨らみます。
ウエストゴムのギャザースカートにすると
ただでさえ 腹回りが膨らんでいるのでエラい事になってしまいそう。

なのでウエスト周りはヨーク仕立てでスッキリとしたパターンを選びました。
月居良子さんの本です。


スカートの長さってけっこうムツカシイ。
最近気に入っている長さは ひざが隠れるか隠れないかくらいのもの。
このスカートは 裾をまつる前に鏡に映して見てみたところ
ちょっと長めの方が良さそうでした。

・・・だけど 縫い代が足りない(汗)

苦肉の策で ロックの幅だけ折り上げてリックラックで押さえることに。

IMG_5786.jpg

・・・さて

出来上がってみたものの トップスは一体何を合わせたらいいのだろうか。
黒や白のTシャツくらいしか思いつきません。。。

手持ちの白いブラウスを合わせてみたところ そのブラウスもゆったりめだったので
スカートのボリュームも加わり もっさりしてしまいます。

スカートの色がクリアなので 生成りのニットやくすんだ紺も今ひとつ
・・・のような気がします。


うーん。




                   コーディネートがわからん (・ω・`)






2011.06.12

透ける素材

いつものMPLのパターンで作ったスカートです。



このパターンを最近気に入っていて立て続けに作ってます。
タックがぐるりと均等に入っていてサイドのつながりもぴったり。
よく計算されているパターンなんだなぁと 素人ながらに思ってしまいます。
しかも裏地付きなのもありがたい。
最近のパターンにはあまり無いように思うんだけど・・・(知らないだけ?)

うーん なんで廃盤になっちゃたんだろう。

IMG_5720.jpg

生地はWildberryのパックに入っていたものです。
だいぶ前に買っておいたもの。
この生地は・・・何だろう?ポリエステル?
・・・・・化繊の名前がそれしか出てこないのがかなしい。
(縫いやすそう)という理由で綿や麻ばかり縫ってきたけど 化繊っていうのもいいんだなぁ。

ローン地 レーヨン地 化繊地
同じパターンでも生地によって出る表情が違っていて 洋裁の面白さを感じます。

オフホワイトのところは透けているので
裏地の色で遊んでも良かったのかも。 

雨に濡れても気にならない生地
今の季節 重宝しています。


・・・そうそう。
透けるスカートで思い出したぞう。

親戚のおじさんのパートナーさんからいただいたスカートは
表地がオーガンジーのような透ける素材で
裏地が厚手の綺麗な黄色。

オーガンジーのような布には 細かくて柔らかなプリーツが施されていて
裏地の黄色がうっすらと透ける事で 丁度いいたまご色に見えるようになっているのが
とても気に入っていました。

ある日 そのスカートを履いて電車に乗り東京駅で下車。
混んでいたので最後に降り ゆっくりと列に並んでいたのですが
ちょっと前を歩くおじさんが ちらちらと私の方を振り向くのです。

・・・うーん。ワタシの自意識過剰か。

そう思い 気にしないようにしたのですが
そのおじさん 歩幅をさらにゆるめ ついに私と並びました。

・・・んぬぅ!?なんだなんだ。

と思っていたら そのおじさん

「・・・完全に透けてますよ。」

そう言って ササっと行ってしまわれました。












                        ・・・ええ!!











         す










                     ・・・透けているう!?


狼狽した私は 近くのトイレに駆け込み
鏡に映った自分の姿をあちこちから眺めてみたり スカートを押さえて見てみたり
「完全に透けてるって・・・一体どのあたりまで透けてるのだ!?」と
不安になり しばらくトイレから出られなくなってしまいました。

冷静に振り返れば 今までそのスカートを履いていて人から
「ちょっと透けてるよ。」と注意されたことは無かったし
陽にかざして 透けていないということは自分でも確認していたはずだったのに
動転するとフリーズしてしまうんだなぁ。

結局東京駅のトイレで一日を過ごすわけにはいかないので出ましたが
持っていたカバンで前を隠したり 後を隠してみたりしながら(きっと変な歩き方だったと思う)
無印へ行き チュニックワンピースを買い 上から来て
ようやく目的地へ向かうことが出来たのでした。


おじさん あなたはどの程度まで透けて見えていたのですか。



・・・このスカートは大丈夫なんだろうな。




2011.06.09

コバエコナーズ

先日に引き続き 今度はラベンダー狩りでございます。
敷地内を縦横無尽に歩き回っております。



歩き回りながら 頭の中で流れる音楽は哀愁漂うメロディー。
切ないようなメロディーは好きなんだけど
短いフレーズがくりかえし くりかえし脳内に流れてしまいコレがちっとも離れない。
ほとほと嫌になってしまいました。


  
     ゴミ箱ぉにぃ~~ フタが付いててよかったぁ♪
     コバエコナーズ貼ぁれぇるぅからぁ~~~~♪





うーん ・・・もう解放されたい。


さて 衣替えの季節です。
って入れ替えることは我が家はしないけど 冬物でもう着ないと思われるものを処分します。

このカーディガンは友人からのお下がりです。

IMG_5636.jpg

肌寒い時にちょっと羽織るのに重宝しました。
よく着たせいなのか 見ると毛玉だらけ。
処分しようかと思ったのですが タグを見てみるとアクリル100%です。

・・・これはもしかしたらアクリルタワシになる!?

そう思って 適当な大きさにカットしてぐるりとミシンをかけました。

IMG_5635.jpg

さっそく使ってみたところ 水切れが良くて気に入りました。
汚れもちゃんと落ちてくれます。
ちまちまと編むのもめんどくさい私にとって 簡単に出来るのもいいです。

このように↑壁にフックをつけて下げていたのですが
湿ったアクリルタワシが いつも壁に触れているのが気になる・・・。
そこで もう使っていないガーデニング用のS字フックを(おそらく鉢を下げるために使うやつ)
不燃ごみの袋の中から取り出して
シンク横にある木の棚に取り付けてみました。

IMG_5634.jpg

空中に浮かぶアクリルタワシ。
風通しが良くなったようでうれしいな。


  

   
               ゴミ箱にぃ~ フックがあってぇよかったぁ~
               アクリルタワシ 下げるぅからぁ~~~♪










   ・・・お粗末 m(_ _)m







2011.06.06

社宅で狩り。

今住んでいる社宅は来年3月で売却されてしまいます。
住んでいた方々は 別の社宅へ移ったり 家を建てて引っ越しされたりで
もう閑散としています。

社宅の敷地内には残された木々や植物などがあります。
そのひとつ 木苺が収穫時を迎えました。

IMG_5968.jpg

さっそく ひとり木苺狩り。
あっという間に両手にいっぱいになりました。
サッと洗って口の中へ。
優しい甘みが広がります。


そしてお次はアジサイ狩り。

IMG_5967.jpg

やや黄緑がかった生成り色がとても綺麗です。




今度は何を狩ろうかな。




2011.06.04

ツーリング

今日出先から戻ると 同じくサイクリングから戻ったオットが
「基礎工事が始まってるかもしれないから見に行こう。」

ええー きっとまだだよう。
もうちょっとしてから見に行こうよ。

と言ってもオットはどうしても見に行きたい様子。
じゃぁ ガソリン代を浮かすためにとバイクで行くことにしました。



何年ぶりかのタンデムシート。
私はスキーでもバイクでも あのウエアが苦手です。
特にバイクのウエアは プロテクターが入っていて動きにくく まるでポンコツロボットのよう。

そしてフルフェイスのヘルメットも苦手です。
まず 鏡を見ながらでないと紐(?)をとめることができない。
頬の肉を圧迫された変な顔と メットの重みでユラユラする姿はなんとも情けない。

後に乗りながら
そういえば 最初のメットはもらいものだったなぁ。
フルフェイスじゃなくて すっぽり被るんだけど あごを覆わないタイプのもの。

バイクはググーンとスピードアップ。
そうそう。
こんな風にオットがアクセルを吹かし スピードを上げると
私のブカブカヘルメットも 風に吹き上げられるため
顔の半分とまではいかないけど ズレちゃってたんだよなぁ。

怖くて手が離せないからずれたメットが直せず
なんとか首を反対側に向けることで戻そうとしたんだけど
やっぱり風にあおられて 再びメットが顔半分くらいまでずれてしまう・・・の繰り返し。
なんだっけ そんなコメディアンがいたよなぁ。
・・・ナポレオンだっけ。(正解は ナポレオンズです)

と そんなことを思い出してしまいました。

しばらく乗っていると目に違和感が。
どうやら前髪が目に入っているようです。
なんとか髪をどけたいんだけど オットは田舎道に入ってしまい信号がナイ。
止まれたらササっと手で髪をなで上げるのに。
うーん 痛いよう。
仕方なく 口で前髪を吹き上げることに挑戦するも・・・
・・・ご想像どおりあえなく撃沈。

ようやくの信号待ちで解決できました。

とホッとしたのもつかの間
今度は鼻がかゆい。
私はお盆を持ったり 両手に荷物を下げたりと
手が使えなくなるときに よく鼻がかゆくなります。

仕方なく 鼻にシワを寄せたり伸ばしてみたりして解消しようとするも・・・
・・・一向に治まらず。
頬の肉が圧迫された状態で そんなことをしている自分の顔を想像すると
ゾッとします。

いやぁー・・・タンデムシートは苦労するよなぁ。

ようやく着いたと思ったら
土地は地鎮祭でロープを張った状態のままでした。











                   (o`Θ´)ノ







・・・腹が減った。

「そばでも食べる?」

うんうん 食べる。
お財布持ってきてないけど食べる ・・・ある?

と たかるツマ。

IMG_6028.jpg

IMG_6034.jpg

古民家のお蕎麦屋さん。
夜は土日だけ営業に変わってました。
いつもはお昼時まで。
お客さんに人気だからなぁ。

お腹もふくれ 機嫌も良くなり
せっかくだからと 蛍を見に行くことに。

ここ数年見に行っている秘密の場所です。
秘密だったのに 年々人が増えているのです。
今日なんて 来る車のライトがあまりに頻繁で蛍の明かりがよう見えん!


IMG_6057.jpg

・・・だけどやっぱり幻想的でいつまでも眺めていたい光でした。



しかしあれだな。中年オンナにバイクはキツイな。


2011.06.03

地鎮祭

昨日は 地鎮祭でした。



天気予報は 雨。
そのとおり 朝起きると雨が降っています。
「あ~あ。止んでくれないかなぁー・・・。」
と こぼしながら現地に向かうと 
なんと住職さんが自らテントを張って下さっていました!(スミマセン)

4_20110603221303.jpg

ほ・・・本格的な地鎮祭だー。
と 一体何が本格的なのかも よくわからないくせに そう思いました。
何をしたらいいのやら ウロウロしたりボーっとしたり
すっかり空気にのまれてしまいました。
おうおう しっかりしろ自分。

2_20110603220435.jpg

鍬入れです。
オットは無言で3回 鍬入れしてました。
「エイエイエイ!」と大きな声と共にやってくださいって言われたのにー。
・・・後で聞いたら聞こえなかったそうです。
オットものまれてたのか。

1_20110603220449.jpg

地鎮祭の後 さっそくロープで建物が立つ予定の場所を囲みます。

IMG_5965.jpg


うーん






                      ・・・小さい。(ように感じるものだそう)



地鎮祭の最中 雨は傘が要らない程度に止んでよかったです。
無事に終えられることが出来て 感謝しています。
いろんな方にありがとうと言いたいです。
これからどうぞよろしくお願いいたします。



いやぁ~・・・始まるんだなぁ。



Posted at 22:29 | 家づくり。 | COM(8) | TB(0) |