2011.10.29

好きな道


今日も 庭仕事をしに車を走らせます。

国道を通らず 信号のほとんどない田舎道を選んで行くのですが
その途中に いつ通っても緑が綺麗に整えられていて
道沿いにもみじの木が並んで植えられていて
『あぁ ここでお弁当を広げて食べたいなぁ・・・』
と思う道があるのです。

その道に差し掛かる前の民家の畑(?)一面に
コスモスが咲いていました。





IMG_6807.jpg

IMG_6809.jpg



・・・さすがにココでは弁当は広げられんな。

家だもの。







スポンサーサイト
2011.10.26

オババカ

5歳の姪っ子2号が描いたパンダのぬいぐるみの洋服デザイン。

とっても上手に描けたので(←オババカ)
「オバチャンが洋服作ったげるね」と約束しました。

・・・ただ この時はまだ実物のぬいぐるみを目にしておらず
チャチャっと適当に作れるだろうと思っておりました。


ハハから
「姪っ子2号から 『これ オバチャンに渡しといてね』 と言われ預かったよ」
と渡されたぬいぐるみが コチラ↓



・・・うーん。ずいぶんとずんぐりむっくりだ。

直接本体に縫い付けるわけにもいかず
結局 素人ながら型紙を作って
さらに仮縫いをすることに。

IMG_6796.jpg

さらにこの後 型紙を作り直し仮縫いへ。



               ・・・自分の普段着より手を掛けている。

アップリケの図案も・・・

IMG_6799.jpg

描いたものを損なわないようにして・・・

IMG_6800.jpg

脱ぎ着させやすいように 後ろでリボン結びにしました。

IMG_6803.jpg



やっと出来上がり!

IMG_6804.jpg



これを見た4歳の姪っ子3号も
「今度はあたしの作ってね」

もちろん!いいよ と答えたものの
どうやら そのぬいぐるみは寝そべっている姿らしい。





・・・また1から!?










Posted at 20:55 | ・・・布 | COM(4) | TB(0) |
2011.10.23

共通するもの。

昨日はキルト塾。
今日は ヴォーグ社が開催している『キルトジャパンフェスタ』と
それが終わってから O美術館へ岡野栄子先生のキルト展を観に行きました。

2日に渡り 同じ場所でのレクチャーだったので
埼玉に住むオトウト夫婦のところへ泊めてもらい(アリガトウ!!)
通いました。


無事に受け終え 家に帰りホッとしつつ
胸に残るものを味わっています。
そのひとつに
私の好きな先生方には 共通点があるような気がしています。
それは オープンであたたかく接して下さることです。
気取りが無くて 正直でいらして心惹かれます。
いつも『あぁ お会い出来てよかったなぁ』としみじみ思います。






さて 今回のレクチャーとは関係ないものですが
布の小箱です。



最近 作ったものをUPしていないなぁ~(汗)と思い
過去の写真から見つけてきました。

IMG_3913.jpg





ムクムクと作りたい気持ちがふくらんできています。







・・・バクバクと食べちゃって腹もふくらんできております。





秋だねぇ。


Posted at 22:34 | ・・・布 | COM(6) | TB(0) |
2011.10.13

ご厚意に感謝します。 その参

実は オトウト夫婦にはもうひとつお手伝いしてもらったことがあります。
それは キリヨケのペンキ塗り。

高い足場に乗って キリヨケを白いペンキで塗りました。
ペンキが足りなくなりそうで ハラハラとしましたが
なんとか間に合いました。

夕方ちかくなってからの作業だったので
ペンキ塗りだけで 終了。
本当は軒天の無垢材部分もステイン塗りしたかったのですが
あきらめることにしました。

ところが・・・

IMG_6697.jpg

その日の夜 その旨を建築家の渡邉義孝さんにお伝えしたところ
「僕が未明にそちらに向かって 早朝から塗ります」

実は 翌日に足場が撤去されてしまうのでした。
なので 塗るなら今しかない と。

オットと相談して 私たちも向かうことにしました。
オットは出勤前の作業になりますが
なんせ それは建築家のなさるお仕事ではありません~~。



到着したものの一番高い 南側の軒天に 私はさすがに登れず
オトウト夫婦と一緒に塗った キリヨケを白ペンキで塗ることにしました。
ちょうど 1度塗りしか出来なかったので 気になっていたのです。

渡邉氏も 早朝から刷毛を片手に足場に上ります。
うぅ ありがとうございます。


なんとか朝7時過ぎに塗り終えることができました。

IMG_6698.jpg

ホッとしていたのもつかの間
まもなく 大工さんと共に足場を撤去する方達もいらして
解体作業が始まりました。


ふぅ・・・ぎりぎりやったな。



誰一人 怪我することなく作業を終えることが出来て
本当に良かったです。

建築家の渡邉義孝さん
ありがとうございました。




・・・はやく打ち上げしたいですねぇ。





Posted at 16:47 | 家づくり。 | COM(0) | TB(0) |
2011.10.13

ご厚意に感謝します。 その弐

庭の土を掘り返す作業は 毎週末ごと通ってやっています。
狭い庭なのに なかなかの重労働。


・・・うなだれるオット。
IMG_6632.jpg

出たゴロ土を えっちらおっちらと運んでいると
大工さんが
「土が無くなっちゃうでしょう。俺の姉さんが買った土地から
黒土が出たから よかったら持ってってよ」


ええ!!
く ・・・黒土!!

買うとお高いあの黒土がいただけるなんて~~。

「いいんですか?」と聞くと
「どうせ 処分しなくちゃなんないものだから 全部持ってっていいよ」


場所を訪ねると 広い敷地にこんもりとそれは盛られておりました。
土嚢袋に入れて えっちらおっちらと車に運び入れます。
だけど せいぜい10袋が限度。
車が大きく沈み込み とても耐えられそうにないからです。

そんなとき 強力な助っ人が登場。


オトウト夫婦です。

1_20111013151928.jpg

・・・プッ!
義妹がまさかのつなぎ姿。

いつものガーリーな彼女の雰囲気とは間逆で
ひとしきり笑転げてしまいました(←ひでぇ義姉)

いやぁ~・・・作業でバテバテな時に 彼女の一生懸命な姿を見ると
プッと笑けて元気が出ました。
居てくれるだけでいいという 貴重な存在です。


そしてなんとトラックも登場。

IMG_6685.jpg

一気に60袋近くを運ぶことが出来ました。


庭に運び込まれた土嚢袋。

IMG_6694.jpg

袋からだし 土を庭に入れました。

IMG_6693.jpg


オトウト夫婦よ どうもありがとう!!






・・・また来てね。


Posted at 16:30 | 家づくり。 | COM(0) | TB(0) |
2011.10.13

ご厚意に感謝します。 その壱

家の外壁のガルバニウムが貼られて 家らしくなりました。

IMG_6696.jpg

そして 外回りのフェンスは オットが自分で竹を利用した四つ目垣を作るそうです。
仲人さんでもある棟梁が
「竹は10月に切るといい。虫が付きにくいから」
と教えてくれました。

そろそろ切り出しに行かないとね と話していたところ
棟梁から
「私の釣り仲間が 竹を切ったからあげると言っているよ」
とのお電話が!!

喜んでいただきに上がりました。
なんとのどかな風景でしょう♪



仲人さん夫婦もお手伝いして下さいました。
うぅ・・・本当にありがとうございます。


竹を一定の長さに切り揃えます。
どんどんと 切り出されていきました。

・・・ところが

IMG_6681.jpg

なんと 天地逆に切ってしまっていたのです!
これだと 逆さ竹になってしまい 大変縁起の悪いものになるそうです。

また 振り出しに戻るです。
・・・私たちらしいなぁー。

だけど おかげさまで なんとか切り出すことが出来ました。
ありがとうございました。

IMG_6684.jpg




さてさて
オットはちゃんと作ってくれるのだろうか。



Posted at 16:04 | 家づくり。 | COM(0) | TB(0) |
2011.10.08

モダン焼き


最近時々 お昼に作るお好み焼き。
いつもガッツリと作るのは ソバとかうどんが入る広島風お好み焼きですが
ひとり分を作るときは 材料を全部混ぜて焼きます。



必ず入れるのは キャベツと豚ばら肉ですが
あとは その日に余っている野菜を入れて。

この日は オクラとチーズと干しえびにピーマン。
適当に粉と水を入れて 混ぜ込みます。


フライパンに流し込んで・・・

IMG_6572.jpg

フタをして じっくりと火を通します。

IMG_6574.jpg


ハイ 出来上がり。

IMG_6578.jpg


本当はビールと共に頂きたいところですが・・・
この日は このあと用事があったので麦茶です。 o(´д`)o



チーズが所々こんがりと焼けてて美味しい。
野菜もたっぷり摂れそうです。
お餅を入れても 美味しいです。
今だと きのことチーズとかも良さそう。


そういえば冷蔵庫にあった・・・納豆とかはどうかなぁ。
前の日に残ったおかずの 肉じゃがなんかは大丈夫かな?
そうだ ビールで腹いっぱいになって食べ切れなかった 
ポテチとかはどうだろう・・・。






うーん。


・・・発想がちんけだ。