2011.11.24

ベランダ

2階に3畳ほどの小さなベランダが出来上がっていました。



ここが一番景色が抜けている場所です。
実はプランが完成し 構造計算も終えた頃に思い立ち
「どうしてもここにベランダを造って欲しいです」
と無理を聞いていただいたのでした。

檜の良い香りがするので
このまま何も塗らないでいたいのですが
そうすると持ちが悪くなってしまうので 近々塗料を塗る予定です。

あぁ・・・もったいないよう。

IMG_6953.jpg


1階アトリエ部分には壁材のOSBボードが貼られつつあります。

IMG_6948.jpg


・・・これからいよいよペンキ塗りです!


スポンサーサイト
Posted at 22:49 | 家づくり。 | COM(6) | TB(0) |
2011.11.17

代々木上原での出会い。


今日は ステンドグラス作家の村瀬可衣さんの個展を見に
代々木上原にある studio SIEBEN へ出掛けてきました。

新宿から小田原線に乗り換えます。
無事に改札をくぐるまでは良かったんだけど
・・・どの電車に乗ればいいのか が ワカラン。

駅員さんに尋ねて なんとか電車に乗りました。
ふーん。5番線に乗るんだな。
メモしておこう。


地図を見ながらお店を探したんだけど
珍しく難なく見つけることができました!

村瀬可衣さんの個展は 以前神楽坂にある「ロンダジル」で初めて見たとき
なんかいいなぁ~~・・・と思い
是非 作品で作られているペンダントライトをアトリエ窓に飾りたく
出会いがあるといいなぁ・・・と探しにきたというのもあります。

心惹かれるものばかりでしたが
その中からピンときたものを選ぶことができました。
店のオーナーさんが付かず離れずアドバイスしてくれたのも良かったです。

1階はアンティークショップになっていて
そのオーナーさんが 品物の背景のことなどを話してくれながら
色々と見せてくれました。
黒鳥や蝙蝠の剥製とか シュールな作家さんのオブジェとか
ちょっと見たことのないようなものもあり 独特な世界がありました。
オーナーさんのお話も興味深くて もっと聞きたかったなぁ。



お昼過ぎにお店を出て 何か食べようとウロウロしていたところ
小物が飾られ 奥にダイニングテーブルがあるお店を見つけたので
ここで食べようと入りました。



和雑貨が展示されています。
見ながらテーブルの方へ進んでいくと 店員さんが
「ランチは土日だけなんです」


o(´д`)o   

                 そうなの・・・。


IMG_6911.jpg

すると店員さんが
「これから店の奥で がまぐちのワークショップがあるんですけど
ちょうど 一人キャンセルが出たんです。
もし よろしかったらいかがですか?」


は・・・

腹減ってるんだけど・・・ 面白そう!
と お願いしました。

作家さんのイシカワカオルさんです。

IMG_6908.jpg

そして昼ごはんの代わりに出来上がった ちいさいがまぐち。
ワタシのは一番左の・・・

IMG_6909.jpg

こちらです。(ピントがずれたな)

IMG_6910.jpg

もう腹は空っぽだったけど
気持ちは満たされて充実感がありました。

私は何に満足感を得たんだろう・・・。



それを見つけて
生徒さんにも それを感じていただけるような関わりができますように。。。




いやぁ いい出会いがたくさんだった。




2011.11.14

表情。

キルティングラインを考えます。

こちらは↓六角形の内側に入れてみました。
縫い合わさっている部分が盛り上がるので より形が強調されて見えます。



手帳カバーの方は 直線ラインにしようと決めました。

IMG_6885.jpg

ひし形ラインが浮かび上がってきます。
もう少しキルティングをして ふわふわ感を押さえ
しっかりさせようと思います。

IMG_6887.jpg

今度は三角形が浮かび上がってきました。
キルトラインで表情が変わるから面白い。

IMG_6888.jpg

ペン指しと 皮のベルトを付けて仕上げます。

IMG_6892.jpg

最後に 手帳が入るかどうかが試されます~~。
このときが一番ドキドキします。




入った!!

IMG_6893.jpg

・・・よかったぁ。

完成です ヽ(´▽`)/




Posted at 22:56 | ・・・布 | COM(4) | TB(0) |
2011.11.13

六角形って可愛いなぁ

久しぶりにヘクサゴンを縫いつないでみました。

六角形のキルトは可愛い!
一つのピースで済むしね。(笑)
ペーパーライナーではなく 普通にピーシング。
しかも縫い代線も書かないで縫う。

少々ずれても 六角形は優しく吸収してくれるのです。
そこもまた健気で可愛い。



↓意味もなく 陽にかざしてみる。

IMG_6884.jpg


実は友人から
「来年の手帳カバーを作って」
と頼まれたのです。

どんな感じがお好み? と尋ねると・・・

「あなたから見た私のイメージで作って」

と お答えが。


おぉ・・・と戸惑ったものの なんか面白そう!と引き受けました。
実は上の写真は2枚目に作ったものなのです。

けれども 作ってみて眺めてみると・・・
やっぱり最初に作ったほうが より彼女のイメージに近いことがわかりました。

その1枚目ですが・・・

IMG_6879.jpg

上から4番目のチェックが並んでいるのが気になる!
手帳カバーなので2つ折りになるんだけど・・・。
ここはやっぱり差し替えることにします。

さて 何色がいいかな?

IMG_6880.jpg

・・・これはちょっとぼやけるなぁ。

IMG_6878.jpg

うん これくらいがいいかも!




最近の彼女は 軽やかで気持ちが自由な感じ。
穏やかでさりげない優しさを持った女性で 私も助けられたことがあります。
控えめだけど 存在感のある人で 実はオモシロイというギャップも魅力です。
自分が美人だということに気がついていないようなところも魅力。
私が気にするようなことを気にしないで
気にしなくてもいいようなところを気にするところもあるけど
フフフ もしかしたら そんな彼女だからこそ
グズグズな私を さらけ出したくなる気持ちになるのかも。



さて!
お次はキルティングだな。


Posted at 23:02 | ・・・布 | COM(2) | TB(0) |
2011.11.06

ちょっとだけスベラナイのがいい

ちまたで人気のマワハンガー 試しに一つ買ってみました。
使ってみると確かに洋服は滑らない。
それは良いんだけれども ハンガーから洋服を外す時に スルッといかないのが玉に瑕。

好きなのは無印のアルミハンガー。
軽くて安い。
だけど洋服は滑りやすいのです・・・。



洋服を掛けた時は滑りにくくて
尚且つ ハンガーからスルッと取り外しやすくするには 
どうしたらいいかなぁと考えていたら
こんなものに出会いました。

ホームセンターで売られているゴム製チューブです。
1m300円でした。
これを適当な長さに切って真ん中に切込みを入れて・・・

IMG_6824.jpg

ハンガーに付けてみました。

IMG_6825.jpg

手持ちの服の中で 
開きが大きく最も滑りやすい素材のニットポンチョを掛けてみます。

IMG_6827.jpg

ハンガーを思い切り傾けてみます。

IMG_6826.jpg


・・・スベラナイ!!

そして取り外す時もスムーズでした。
すごいぞゴムチューブ。

今までありあわせのいろんな種類のハンガーで間に合わせていたけど
コレに統一してみようかな。


2011.11.04

着せ替え遊び

先日のキルトジャパンフェスタで開催された
藤田久美子先生のワークショップで学ばせていただいた
『オリジナルキャラクターをデザインする』

その時に考えたオリジナルパターンで作ったセーラーカラーの女の子。



・・・まだ顔は付いてません。
ちょっと足が細すぎたなぁ~~。
願望が出ちゃうのかなぁ。


そしてもうひとパターン。

IMG_6833.jpg

実はこちらのパターンの方が難しくて
ワークショップの時間内では終わらせられず
持ち帰ってから うんうんと悩んでようやく出来上がったものです。


縫いかけのもの。

IMG_6832.jpg



縫い終わったもの。

IMG_6830.jpg



こちらも。

IMG_6829.jpg

もう一枚縫って 3枚を並べてみる。

IMG_6831.jpg

・・・ちょっと足が短すぎだよなぁ。
現実が出ちゃったんだなぁ。




洋服の色柄を選ぶのが 楽しいです。
着せ替えごっこを思い出すなぁ。

自分ではもう着られないような 可愛いヤツを着せてやるんだぞう。






Posted at 22:31 | ・・・布 | COM(8) | TB(0) |