2012.06.30

カフェカーテンを・・・

社宅の窓にと作ったカフェカーテン。
あまり使ってなかったので この家で何かに使おうと思ったのですが
なかなか出番がありませんでした。

ある時 エプロンが必要になり
だけども一から作るような時間はないし・・・どうしようかなぁと思ったとき ふと

そうだ あのカフェカーテンをエプロンにしたらどうだろう。

と思い立ちました。



できるだけ ササッと作ってしまいたかったので
ポケットは その大きさが使いづらかったハンカチを
そのまま縫いつけることにしました。



紐も作らず 代わりにボタンをひとつ付け
ウエストに合わせてボタンホールを一つ空けました。

IMG_8054.jpg

これが今 とても重宝しています。
付けはずしが楽で たたむときれいに四角くなります(笑)

IMG_8058.jpg
IMG_8057.jpg



・・・今度はテーブルクロスで作ってみるかな。


スポンサーサイト
Posted at 21:42 | ・・・・布 | COM(0) | TB(0) |
2012.06.28

玄関アプローチのレンガ施工 ・ その2

私の心の中の叫びが届いたのでしょうか。
施工会社の社長さんが 再び来てくださることに!!

・・・これで夫婦の危機も免れることでしょう。


この玄関ドアの前は すでに出来上がっているコンクリート部分と
ドアの下の部分との差があまりなく
レンガの販売会社の方に
レンガの厚みを半分にカットしてもらうという苦肉の策を取りました。

それでも 下地のモルタルが敷けるかどうか ギリギリです。


社長さんは
「ここは難しいよ。素人がやったら
ドアが開かなくなるだろう」
と心配して やってくださることになったのです。



水平を取って・・・

2_20120628190902.jpg

下地のモルタルを敷いていきます。
この作業がとても重要で のちのちの作業に響いてくることを知りました。
いかに既存のコンクリートの凸凹を吸収して
平らに均一に伸ばしていくかで レンガを乗せた時のゆがみや段差に
影響してくるのです。

3_20120628190909.jpg

うーん。
こりゃ やっぱり自分たちじゃ無理だな。

5_20120628190936.jpg
4_20120628190918.jpg
6_20120628190946.jpg
7_20120628191004.jpg

駐車場の人が歩くスペースは
なんとか自分たちで敷くことに。

9_20120628191039.jpg

ちゃんと社長さんが糸を張って モルタルも敷いてくれたのに
私たちは なぜか焦り
出来上がってみたら ひん曲がってしまいました(涙)


・・・・・性格が出たか。


一方社長さんは
「うむ 気に入らねぇな」
と削り具合を見てやりなおしたり(ワタシにはほとんどわからなかった)
「カッコいいおさまり方はねぇかな」
と考えてくれたり
私は職人さんの持つ美学のようなものを感じて
胸を打たれ また感謝の気持ちもわきました。

10_20120628191050.jpg

残りの花壇部分も
社長さんにお任せすることに。

11_20120628191112.jpg


駐車場のコンクリートとレンガの間のモルタルは
水に強い材料を混ぜてくれたり
水はけがよくなるよう見た目にはわからなないけど
傾斜を付けてくれたり
花壇にも水抜けを作ってくれたり
レンガの無駄が出ないよう 計算してくれたり

本当に細やかな配慮をしてくださいました。

13_20120628191127.jpg


完成。

12_20120628191142.jpg

一気に書いてしまいましたが
ここまで 少しずつの作業でした。

休日を返上して作業にあたってくださった
高倉健似の渋さ漂う社長さんに
あらためて深く感謝しています。
ありがとうございました。






Posted at 20:56 | 家づくり。 | COM(0) | TB(0) |
2012.06.27

玄関アプローチのレンガ施工・ その1

家づくりの終盤 いよいよ玄関アプローチの部分に取り掛かることになりました。

当初の予定は 「洗い出し」 といって
モルタルの中に化粧石を混ぜたものを敷き詰め
高圧のシャワーで表面のモルタルを取り除き 小石を覗かせるというような
ものでした。(って説明あってるのかなぁ)

だけど 玄関内部が完成してしまった今
高圧のシャワーをかけることができず 断念することに。


そこでテラコッタタイルを敷くか
黒く塗料を混ぜたモルタルを敷くか
色々検討しましたが どうしても割れの心配が拭えないということで
焼き過ぎレンガを敷き詰めるということに決まりました。

さっそく見積もりを取っていただいたところ・・・




                 うーん 予算オーバー(涙)



すごーーーーく無理を言って
一日だけ 職人さんに来てもらい指南を受け 
あとは自分たちで施工してみよう!
・・・ということになりました。


ただ この時点では まったく無知であるがゆえの
そう
怖いもの知らず という一言に尽きる決断だということが
後日 判明するのであります。



いよいよ初日。
施工会社の社長さんが自ら来てくださいました。



しかしオットは会社。
ワタシ一人だけ。


・・・ヒジョーに不安。
果たして ちゃんと覚えられるんだろうか。
うん 無理だ。


そこで 取った対策は・・・




13_20120626230608.jpg
14_20120626230623.jpg
15.jpg
16_20120626230650.jpg

とにかく連写。
ビタッと社長さんに張り付いて・・・

17.jpg
18.jpg
19.jpg
20.jpg

ひたすら連写。
そしてメモ。


しかし・・・
こういう複雑な所は どうしたらいいのぉ!

21.jpg

すると・・・
電動ノコで 切るではありませんか!

22.jpg

き・・・



                 危険です。


25.jpg

おぉ・・・手が 手がーーー。



危険極まりないです。
すっかり震え上がってしまいました。
 

・・・こんなこと 自分たちで出来ヘンやん。


23.jpg

素晴らしい!

もう この時点で 早くも頭の中には


「全部やってほしい」


というフレーズが・・・。


しかし 悲しいかな現実は予算がナイ。



そこで 取った対策は・・・


3_20120626231108.jpg
4_20120626231115.jpg
5_20120626231123.jpg
7_20120626231147.jpg
8_20120626231157.jpg
9_20120626231210.jpg
10_20120626231239.jpg
11_20120626231300.jpg

・・・とにかく連写するという。(対策が貧困や)



「あとは ゆっくり旦那さんと一緒に
あーでもない こーでもないと言いながら
楽しみながら やんなさいよぅ。ハハハ」

とシャチョさん。


そんな平和な台詞 あの電動ドリルを前にしたら吐けません。

「あんた やんなさいよ」
「何言ってんの あんたこそ やんなさいよ」

という殺伐とした会話が容易に連想されます。



夫婦関係の危機になるやもしれません。


1_20120626231317.jpg

・・・シャチョさん。

24.jpg


夫婦の危機を救ってー。









                          ≪続≫








Posted at 00:02 | 家づくり。 | COM(0) | TB(0) |
2012.06.25

お客さん♪

休日にオットの会社の同僚と かつてのラグビー部のお仲間が
遊びに来てくれました。

IMG_8047.jpg

ラグビー仲間の嫁さんが 
なかなか腰を落ち着けずに 無駄にうろうろしている私を見かねて
お好み焼きを焼いてくれました♪
おいしかったー。
いい気になって 500ml缶を2本飲みました。(←ホストだろうが)



新築祝いに 何が欲しい?と聞かれ
オットに尋ねると
「オレは欲しいものないなぁ」
と。
ワタシはその言葉を聞き終わるか終わらないかのうちに すかさず
「じゃ 斉藤アイロン台が欲しい!」

・・・こういう時は 無駄な動きをしませんな。


その存在を知った何年も前から 欲しかったんだけど
狭い社宅の 作業部屋には置くスペースもなく
ずっと フェルトを折りたたんだものを使っていました。

引っ越ししてからは A4サイズの手芸用アイロンボードで
なんとかやりすごしていましたが
仕事柄 シャツブラウスを着ることが多くなり
アイロンボードでは なかなかきれいにアイロンがけが出来ず
ますます この斉藤アイロン台への憧憬が深まっていたのです。


皆さんがお帰りになった後
いそいそと箱から出し アイロン掛けを楽しみます。

IMG_8049.jpg

これこれ。
かけにくい肩まわりも立体的なまま
アイロンを滑らすことが出来るということは
とてもストレスレスだなぁ~と 実感。

IMG_8050.jpg

アイロン台が我が家にやってくるまで
ほったらかし 置いておいたブラウスとスカートを
一気に掛けてしまいました。

IMG_8052.jpg



いやぁ~~ 大事にします。
本当にありがとうございましたm(_ _)m


また 来てお好み焼き焼いてください♪


2012.06.25

でけた。

キルティングが終わり バインディング部分にリックラックをあしらって
完成となりました。



タイトルは 「チョコミント」
キルト塾のお仲間が 命名してくれました。
66センチ×66センチのミニタペストリーです。


・・・完成間近になって 初めて気が付いたんだけど
なんと一か所 布の向きがまちがってた~~~(涙)




                     ・・・はぁ ((+_+))



2年くらい前に完成させたキルトを
アトリエに飾ってみました。

IMG_8053.jpg


エアコンが邪魔だ。

もちっと 左側に設置してもらえばよかったかな。




なんにしても
後から 気が付くタイプなようで・・・。


Posted at 22:25 | ・・・布 | COM(2) | TB(0) |
2012.06.14

早起き。

たまたま早起きした今朝・・・。



出勤前の小一時間を キルティングに当てました。

IMG_8040.jpg

パジャマのままで
体を締め付けいなかったせいか 
いつもより楽に針が運べたような気がしました。




        うぅ でも もう眠い。。。






Posted at 22:47 | ・・・布 | COM(0) | TB(0) |
2012.06.11

やっとこさ。

キッチンに置きたいなぁと ずぅーーっと前から考えいていた引出の棚が
やっとやっと 手元に届きました。

2月に買いそびれ(PCが無かったため・涙 お金も無かったケド)
5月に買いそびれ(チェックが遅かったため・悔)
待ちに待った再販で ようやく注文することが出来ました。

長かったなぁ・・・。

D&DEPARTMENT の LAUAN SHELVESです。



今までは 余った板で自分で作った仮の棚(TT型のやつ)で 
なんとかやり過ごしていましたが 
モノが散乱して見えるし 床にモノを直置きしているのも気になっていました。
モノを取るのも中腰になるので 毎日のこととなると
やっぱり不便でした。

弟が そのLAUAN SHELVESを乗せるための長い板を手作りしてくれ(TT型の棚の上にある白い板)
あとは届くのを待つばかり。

IMG_8032.jpg

ようやく これでキッチンが完成しました。

IMG_8033.jpg


ただ 引出のストッパーがデザイン上無いので
引出ごと落としそうで ちと怖い。

何か工夫できないかなぁと 考え中です。



…てことは まだ未完成か。





Posted at 21:53 | 家づくり。 | COM(0) | TB(0) |
2012.06.10

昨日でした

キルト塾に 無事行ってくることが出来ました。

今日 いよいよしつけに取り掛かります。
以前のように 畳のある和室が無いため
床に 養生テープを利用してしつけの準備をしました。



キルトラインを描いて・・・

IMG_8036.jpg

かろうじて スタンドフープに掛けることが出来ました。
キルティングのスタートです。

IMG_8037.jpg

久しぶりの キルティング作業。
最初はいつも 手元がおぼつきません(苦笑)



Posted at 22:02 | ・・・布 | COM(2) | TB(0) |
2012.06.08

明日だと思います。

ピースを間違えないように並べて・・・

IMG_8014.jpg

ピンで打ち・・・

IMG_8015.jpg

縫う。

IMG_8022.jpg

地道な作業の繰り返しです。

IMG_8023.jpg

で ようやく各ブロックが縫いあがりました。
並べてみます。

IMG_8024_20120608190232.jpg


隣り合う布の相性を見ながら あっちへやったりこっちへ動かしたり。
だけど アルファベットの向きがあるので
やたらと移動するわけにはいきません・・・。


あ!!


一か所 Bというピースを天地逆に縫ってしまっていることに
気が付きました。





                   うーん。



情けないのですが
こういうとき頭の中には

・・・まぁ 間違いさがしみないな感じで いいんじゃない!?

というささやきが聞こえてきます。
すると もう一方で

・・・だけど このピースを目にするたびに 直しときゃよかったって思うものよ。


この両極の気持ち。

しばしの葛藤の末
やっぱり直そう! と決めました。


トップ完成!

IMG_8025.jpg


明日のキルト塾に間に合いました。







                     ・・・明日だよな!?(←過去2回 日にちを間違える)












Posted at 19:12 | ・・・布 | COM(0) | TB(0) |
2012.06.05

気を遣います。

オットの竹ざんまいのD.I.Yに めまい 見入っている場合ではありません。
私も 仕事が早く終われるようになったので
自分の作品作りをやらなくちゃ~~。



ボーダー部分のブロックは アルファベットのピースが天地のある配置なので
ちょっと気を遣います・・・。




気を遣うといえば・・・。


先日オットと とあるロックバンドのライブへ出かけてきました。
早くチケットが取れたせいなのかどうなのかは わからないのですが
ステージのど真ん中で 前のほうの席でした。

こういうところへ来るのひさしぶりだねぇ。
結構 ファン層広いみたいねぇ。

と わくわくしながら待っていると
照明が落とされ ステージがついに始まりました。

ドドドドドガドガドガドガ!!

耳をつんざく大音響に度肝を抜かされた中年オンナは
あろうことか 固まったまま動けなくなりました。

ドドドドドドガドガドガドガ!!

おぉ・・・
ワタシの心臓が あまりの驚きにすごい脈打ってる。

と 思ったら それはドラムの振動でした。

周りの皆さんは 当然ですがノリノリで縦に横にと激しく揺れています。
あっという間に 会場はもうもうと白い蒸気が・・・。
とにかく熱気がすごい。

その熱気にもすっかりやられ オバハンは動けない。

あっという間に一曲が終わると すぐさま次の曲が始まります。
息もつけません。

ボーカルの男性もシャウトの連続で
激しくステージを動き回っています。


あぁ・・・彼は大丈夫なのか!?
そろそろ 水くらい飲んだほうがいいんじゃないのか!?


と心配していたら ちょうど曲が終わりました。
おぉ・・・今だ 今だぞ 水を飲め。

すると
シャンシャンシャンシャン!
と ドラムがすぐさま入って次の曲が始まり またシャウト。


くそう ドラムめ。

微動だにせず ノリにのってる観客の隙間から
ハラハラとボーカルの心配をしている姿は 
さしずめ星 明子(星 飛雄馬の姉)であります。

そんな自分の姿に あぁ 他のお客さんは
ちっ。何しに来てんだよう。
と 思っているかもしれません。

再び 曲が終わった後 またしても
シャンシャンシャンシャン! とドラムが鳴り始めた時には
『どうか 彼に水を・・・』と心の中で祈祷。


・・・気を遣いすぎました。



冷静に考えてみると
ワタシ一人微動だにしなくったって
観客のみなさんは ちーーーっとも おそらく目にも入らないことでしょう。

ボーカルの彼だって
彼にとったら日常の一コマに過ぎないのです。


ライブが終わった後
大音響のせいで 耳がぼぼぼわわぁ~~んと
膜が貼ったようになり
オットと
「とにかく耳が元に戻るのだろうか」
というのが ライブが終わった後の感想(?)でした。



たはは・・・。






Posted at 23:39 | ・・・布 | COM(0) | TB(0) |
2012.06.05

オットのD.I.Y 竹で・・・2



竹で今度は一体何を作るんだろう・・・
と 思ったら













IMG_8028.jpg



                           ・・・イカダ2号。





Posted at 22:36 | 家づくり。 | COM(0) | TB(0) |
2012.06.02

オットのDIY 竹で・・・

1階南側にある 洗面脱衣室から見える位置に
私の好きな利休梅を植えました。
後ろにあるのは オット自作の竹塀で「鉄砲垣」です。
竹も お世話になった工務店の社長ご夫婦とご一緒に
自分たちで狩り出してきたものです。



脱衣室から眺めるとこんな感じです。
・・・なんというか すっかり和風ですな。

218.jpg

脱衣室が若干広めにとってあるので
洗濯物はここに干していたのですが
やっぱり お日様に当てたい!

そこで オットにお願いしたところ・・・
最初に作ってくれたのは 
竹を3本斜めに組み合わせて 交点をひもで縛ったものを二つ作り
間をあけて それぞれを立て掛け
その間へ物干し棒を渡したものでした。



・・・縄文時代か!?


それはそう思わせる代物でした。

案の定 風で洗濯物が吹っ飛び泥だらけ(涙)
もう一度洗濯しなおす という羽目に。


次にチャレンジしてくれたのは
竹を2本 間隔を20センチくらいあけて垂直に立て
そこへ短い竹を上部に横に渡し ひもで縛ったものでした。



・・・かかしか!?


それはそう思わざるをえないものでした。

とにかく竹を縛るという手法しか思いつかんのか。
腹の中でそんなことを思いつつ 洗濯物を干したところ
またしても風で倒れてしまいました。


「これは『とりあえず』の代物だよ」
言い訳説明していたオットの何かに火が付いたのでしょう。

もしくは度重なる洗濯物の惨事に 恨めし気な視線を向けるツマに
震え上がったのでしょうか。
彼はホームセンターへ向かい 太い木の棒を買ってきました。


庭に深く穴を掘り
水平計を出してきて そこへ太い木を立て始めました。

261.jpg

反対側にも。

263.jpg

そして竹を縛っていきます。
とにかく「竹」を「縛る」ようです。

273.jpg

一つ完成。

275.jpg

もう一つも完成。

279.jpg

その間に 物干し棒を渡して
ようやくまともな洗濯物干し台が完成しました!

282.jpg

・・・ただ これでは落ちた洗濯物がまた泥で汚れてしまいます。

ここへ芝生を植えよう。
きっと緑が綺麗だよ。

そう訴えたにも関わらず
オットは余っている竹を敷き詰め始めました。

IMG_7954.jpg

芝生はどうした。


これは非常に足裏に響きます。
洗濯物を干しながら 自然と青竹踏みも出来てしまうという
健康グッズでもあります。(いやみでしょうか)





だいぶ便利になりましたが 窓から降りるときにちょっと段差がありすぎて
こわごわと足を下していました。

私はいつかお金がたまったら
ここにウッドデッキを作ってもらうんだ~~♪
と楽しみにしていたのですが
なんと 足場もオットが竹でこさえてしまいました。

IMG_7958.jpg


・・・イカダか!?


一見するとそう見えますが
ウッドデッキを・・・という夢が潰えた今
若干のいやみも含んでおります。


いやいや あるものを活かし作ってくれたことで
しかも格段に暮らしやすくなったのですから感謝もしているのですが
庭が竹一色に染まっていくのを眺めていると
ちと 複雑です。





そして今日
またしても オットは竹と仲良し。


IMG_8007.jpg

手前に見えるのがイカダでございます。

さて

今度は一体何を作っているのでしょうか。




Posted at 17:29 | 家づくり。 | COM(4) | TB(0) |