2015.06.30

キルト展においで下さった方から

先日 とある女性から
「母が集めた和布でバッグを作ってほしいのですが
できますか?」
というお電話をいただきました。

聞くと お母様はもうご高齢で着物は着られないことや
和布を集めてパッチワークもされていたとのこと。
今は施設に入っていて元気に過ごされてらっしゃるそうです。

私も母の着物やハギレを何かにしたいなぁ〜と
思っているところなので
なんとなく人ごととは思えなくて
お引き受けすることにしました。

先日お会いして
大切な生地たちをお預かりしました。
私と同世代と思われる
涼やかで穏やかな感じの女性でした。



「私もカードケースのついたお財布を作ってもらいたいのですが
例えば表と裏と違う生地でもできますか?」

できますよ〜。
この生地とこの生地はよく合いますし
全体を柔らかい色合いにして
この色でピリリと引き締めたり
この生地はモダンな感じに仕上げるにはこの生地で
可愛らしく見せるにはこの生地で・・・

と素敵な生地を手にあれやこれやと組み合わせていると
いつものようにすごく楽しくなってしまい
とっかえひっかえと熱中。

ハッ!

と我に返り顔を上げると
なぜか涙ぐんでいらっしゃる。





どうしたんだろうか。

このラフすぎるメモに不安を感じさせちゃったのか・・・

DSC01387.jpg

「いえ なんだか感激してしまって・・・」





せきにんじゅうだい。(今さら)



試作の日々が始まります。






スポンサーサイト
Posted at 16:51 | Atelier applique | COM(0) | TB(0) |
2015.06.26

とうとう・・・

ピンクが来ちゃった。
届いちゃったよ。

頼んでいたから当然なのですが
わたしもいよいよピンクを着る日が来たようです。



シンプルなワンピースにしようか
いつものようなスカートにしようか・・・

となりのスカッとしたミント色も大好き♪


・・・この2色のバイカラーで
なにかにしようか。



なにかってなんだ!?



Posted at 18:17 | ・・・布 | COM(0) | TB(0) |
2015.06.24

紫蘇づくし

贅沢なものを食べ過ぎたので
今日のお昼は簡素に。

DSC01367_20150624171424dfa.jpg

赤紫蘇ジュースが甘めなので
レモン酢の輪切りレモンを入れてみました。

義母手製の青唐辛子味噌を付けたおにぎりに
庭に自生していた青じそを貼り付けて
油を引いたフライパンで焼きました。

DSC01368.jpg

お金かかってな〜〜い。


赤紫蘇ジュースは
夜に梅酒と割って飲みま〜す。




2015.06.23

福岡

に法事で行ってきました。

法事だけど
ご親戚の方々が あちこちに連れて行ってくれました!

到着後 玄界灘と博多湾の間を通っている海ノ中道
を通って志賀島を一周して
途中 金印公園に立ち寄り
海ノ中道水族館で久しぶりに青い世界に浸らせてもらいました。

お昼は釜揚げうどんを堪能して
太宰府天満宮へ
そこで食べた梅ヶ枝餅がパリッとしていて美味しかったです

そしていつも取り寄せているコーヒー豆のお店が
福岡にあるので連れて行ってもらい
豆を調達したあと
オットのリクエストでパン屋さんへ。
米粉の入ったパンが塩気が効いていて美味しかったです。

夜は宴会♪
・・・暴飲暴食。

そして腹減らしに中州を散歩。

DSC_0184.jpg
(撮影:義姉)

翌日はホテルの朝食バイキングを食べて
法事のあとのお食事で湯葉とお豆腐のお料理をたらふく食べて
解散後はオットと福岡市内へ。

一風堂のラーメンを食べて
西通りプリンを食べて
お茶屋さんで八女茶をいただき
スタバの珈琲で腹一杯。

最終日はお迎えに来てくださって
(さすがに朝食は入らず・涙)
ブランチに佐賀県にあるハムソーセージ工房イブスキへ
木々に囲まれたテラスで
めちゃくちゃ美味しいハムサンドやホットドッグを
上品なお味の白ぶどうジュースと一緒にいただきました。

そのあとは
食後の珈琲を飲もうと 
山の方へ向かって珈道庵というところへ

ウエルカム珈琲で出された水出し珈琲が
美味しかったです。

お店の雰囲気がすごくよくて
内装も落ち着いていて水琴窟なんかもあって
テラスの下には川が流れていて
窓からは木々の緑しか見えなくて
本当にすばらしい場所にありました!

・・・住み込みで働きたい。

その後 空港まで送ってくださって
本当に本当にお世話になりました。

帰宅後
飛行機へ搭乗前にいただいたクロワッサンと
お握りを夜食に食べました。

なんて福岡は美味しいところなんでしょう!!

そして私たちは何しに行ったのでしょう!!




ありがとうございました〜〜〜。






2015.06.19

オット服

私が自分の服ばかり作っているのが目に余ったのか
オットが
「オレの服はないの?」
と言う。

だけど作っても着ないじゃーん。 作ってないけど。
ユニクロで買った方がいいって。
着られないものが増えるだけだって。 増やし続けてるけど。

聞くと
「開衿で麻の生地のシャツが欲しい」
のだそう。

もう一度 上から5行目からを繰り返したけど
なんか作ることになりまして・・・


 
なんと一枚目は裁断ミスでやり直しました・・・。
おかげで在庫麻生地がだいぶ減りましたよ。あはは。

着せてみたら・・・

DSC01299.jpg

小さい!!

やり直したというのに 小さい!!

型紙を買うときに採寸して
「3Lじゃない?」
という私に
「いや それじゃぶかぶかだよ。LLで」
とキッパリ言われたのでLLをチョイス。

という そんなこんながあったのに 小さい!!

どこが ぶかぶかやねん!!
きつきつやないかい。


「もっと身幅を広げて 前見頃を5センチくらい長くして
両サイドにはスリットを入れて やっぱり麻生地で作って」

・・・て簡単におっしゃいます。




まずは 




・・・痩せようか。










2015.06.18

赤じそジュース

こういうものを作るようになるなんて
昔は想像もしてませんでした・・・。

生協で買った赤じそを洗って・・・



20分くらい煮て・・・

DSC01345.jpg

取り出してしぼったあと・・・

DSC01346.jpg

お砂糖とクエン酸を投入。
色がサァーッと赤紫に変わる瞬間が面白かったです。

DSC01347.jpg


・・・砂糖を入れすぎちゃった。
甘めなドリンクになりました。




2015.06.16

普段着というか野良着

裁断だけ済ませていたカーゴパンツ 
ようやく出来上がりました。



・・・もんぺ!?

どうしてももんぺにしか見えない(涙)
履くとますますもんぺ感が強くなる気がする。

DSC01230.jpg

そして裾が長い!足が短いとも言う。

DSC01231.jpg

そうだ。
おしゃれな人はロールアップというやつを
しているではないか。

ようし。
私もロールアップとやらをやってみようではないか。

とくるくると裾をまくって鏡を見たら


『これから田んぼです』手植えかい。


と言わんばかりの姿が。



・・・とりあえず餅でも食うか。







2015.06.15

ハシゴ

キルト塾の放課後行きたいところがあるの
という友人の後に付いて行きました。

東京芸術大学大学美術館で開催中の
『ヘレン・シャルフベック』

150613_1511~01

病み上がりの少女が
芽吹いた枝を花瓶に差し見つめている絵は
大きな失恋から立ち直るときに描かれたり
晩年 静物画に腐りかけのリンゴを中心に据えた絵も
自分を投影して描かれたと言われています。

だからなのか見入ってしまいます。
壁と床しかない暗い部屋にある重そうなドアのすき間から
明るい光がわずかに漏れている絵は
一体どんな心情だったのかなぁ・・・とか。

自画像は写実的なものもあったけど
色の濃淡と線だけで描かれているものは
なんかこう迫ってくるような感じがました。

50代をすぎて19歳年下の彼が別の女性と婚約したと知り
大変な失意の中に描かれたという自画像は
両目を画材で引き裂くような跡があり
それは彼女の自傷行為だとも言われていて
その絵を手紙とともに彼へ送ったと知り驚きました。
激しいものを持った女性だったのかもしれないな〜と
思いました。

一枚好きな絵があって
それは木々の中に女性が本(聖書?)に目を落としているというもの。
女性にわずかにかかる木漏れ日が輝いているように見えて
それが本当に美しくて
木がこすれ合う音も聞こえてきそうで
その絵の前で深呼吸したくなりました。
気持ちがスーッとなるような
いつまでも見ていたい絵でした。


次に向かったのは
『山口小夜子展』
東京都現代美術館です。

150613_1702~01

切れ長の目
真っ白い肌
形の良い赤い唇
真っ黒いおかっぱ頭

ザ・日本人というお顔立ちは
本当に美しく妖艶で謎めいていて。

150613_1743~01

衣装作りもされていて多彩なお方だったんだなぁ〜。
そのためのノートに貼られた生地のとなりにペンで
「オカダヤ」と書かれているのを友人が発見。

「オカダヤだって」
「オカダヤで買ったんだ」

と小声で盛り上がりました。

ビールの空き缶で作ったアクセサリーや
鎖のネックレスなどにも興味津々。



最後は二人で駅の構内でビールを乾杯。
楽しかったです!
彼女のチョイスに外れナシ!

またくっついて行きます♪ ・・・うっとうしい!?





Posted at 12:24 | Atelier applique | COM(0) | TB(0) |
2015.06.12

いつものワタクシでありました。

明日はキルト塾。

今回はやっつけ仕事をせずに済みそうだと
ほっとしつつ支度していたら
いつも持ってくバッグがぼろぼろだったことに
気がつきました。
・・・って気づくの遅ッ!
もう夕方だよ。



もうね〜
生地が弱ってるの。
すっごく軽くて使いやすくて重宝していたのに(涙)

DSC01349.jpg

未練がましく使えそうなところを救助します。
あぁ〜 時間がないというのに。

DSC01350.jpg

なんとか簡単に手早くするにはと
小さくのっぺりとした脳みそで考えます。

見返しは別布じゃなくて
折り返しただけにして・・・

DSC01351.jpg

一緒にポケットを挟んでしまいます。

DSC01352.jpg

脇は耳を利用して・・・

DSC01353.jpg

くるんで始末します。
ここは案外目立つのでピンセットで折り込みます。

DSC01354.jpg

なるべく軽く仕上げたかったので
一枚仕立てです。
ただ そうなるとバイヤス始末が必要なんだけど
バイヤスなんか作ってる暇はないので
これを使います。

・・・なんだっけ!?名前忘れちゃった。

DSC01355.jpg

二つに折るだけで始末出来ます。

・・・思い出せん。

DSC01356.jpg

キレイに仕立てるポイントは
糸の始末とアイロンです。

以前リフォーム屋さんをお手伝いしたときに
オーナーがこう教えてくれたのを思い出して
急きょアイロンがけ。

持ち手にもアイロン掛けたら
ちょっと溶けちゃった。(思い出さない方がよかった)

DSC01357.jpg

ここまで順調です。(持ち手を溶かしたのはもう忘れたのか)

しかしながら
この私が順調に終えることができるなんて
ありえません!

こう力強く断言出来てしまうのが悲しいのですが
事実であります!
この歳になると 自分のことがちょっとはわかってくるのです。
そう 自分を信じてはいけません。

ほーら。ごらん。

このまま持ち手にミシンを掛けてたら
一緒にポケットを縫い込むところだったよ〜。

DSC01358.jpg

だけどね なぜだか今日は先に気づいちゃった。
うふふ。
やっぱりね 自分を当てにしないで
注意深くしてたのがよかったのね。

・・・と得意げになっていたら





なんと!!

DSC01359.jpg

・・・信じられん。


なんとかほどいてやり直して
出来上がりました。



ハッ!


・・・も

もしかしたら
荷物が入らないというオチなんじゃないだろうか。
とおそるおそる入れてみたら・・・


無事に入りました。
神様 ありがとう。

DSC01364.jpg

右ショット。

DSC01361.jpg

左ショット。モデルか。

DSC01362.jpg

よかった〜。
明日 行けそうです。




バッグごと忘れませんように。




Posted at 18:06 | ・・・布 | COM(2) | TB(0) |
2015.06.11

残念

突然入ってきた パッチワーク通信社の事業停止。
本当に驚きました。

キルトジャパンより持ってたのになぁ・・・。



なんかさみしいなぁ〜。



Posted at 16:23 | Atelier applique | COM(2) | TB(0) |
2015.06.09

雨音

はいいですねぇ。

雨の日の外出はなんだかなーと思いますが
雨の日に家の中で過ごすのは好きです。





昨日美容師さんから
「肩こりには肩を上下に50回くらい動かすといい」
とお聞きしたので夕べやってみたら
今日は寝違えたかのようになってしまった・・・。


Posted at 15:50 | ・・・布 | COM(0) | TB(0) |
2015.06.08

レモン酢

クックパッドを見て作った
レモンの酢漬け。

ちょっと前に作ったのは甘酸っぱいのが美味しくて
あっという間に飲んでしまいました。
でもレモンの皮がちょっと固かったので
今回は薄切りにして作ってみました。



あんまり飲んだこと無いけど
焼酎とかウォッカとかで割っても美味しいのかな。

ひとつは実家の父に飲ませまーす。





2015.06.07

クッキー

カテゴリに『たべもの』を入れた方がいいんじゃないか・・・。

ミシンキルティングは不慣れなせいなのか
やたらと背中が張ってしまって
ヒジョーに疲れる・・・。

気分転換に
図書館で借りてきた本をお手本に
クッキーを作ることに。

この表紙の顔クッキーが可愛い♪



真似してみた。


・・・微妙。

DSC01316.jpg

・・・おにぎり?

DSC01317.jpg

「おい!ガスオーブンは温度を10℃下げろって
書いてあったじゃないか」

DSC01318.jpg

「・・・言ってもだめだよぉ」

DSC01319.jpg

そんな不平お声が聞こえてきそうです。
でも いいの。
美味しければそれでいいの。

一口かじってみたら
恐ろしく固い!!


は・・・



歯が折れそう。


義父母にあげちゃったけど
大丈夫かな。







2015.06.02

ずんだ風パン。

義母は大変マメな人で
小豆から羊羹を作ったり
おはぎを作ったり
天草からところてんを作ったりして
季節の食べ物を存分に楽しんでいます。

先日お邪魔したら
今が旬のそら豆であんこを作ってました。

おお・・・


お義母さん。


なんて贅沢な。嫁はビールのつまみしか思いつかねぇ。


たくさんお裾分けをもらったので
そのあんこであんぱんを作りました。



ずんだみたい♪

DSC01308.jpg


パンをお裾分けしました。




2015.06.01

過去の秘密

少しずつ読み進めた色について色々書かれた本。

難解なところもありましたが
生活に密着しているお話は面白かったです。

中でも色は目で見るだけじゃなく
皮膚でも色を見て(感じている)ので
着る色が心や体に影響を及ぼしているという箇所は
興味津々。

オレンジ色は成長ホルモンを
紫色は女性ホルモンをうながして
黒は肌がしなびてきてシワを増やし (まずい寝衣が黒だ。・・・だからなのか!?
使うほどに若返るピンク (はい出た。欲してやまないピンク。
そして健康には白い下着がいいとのこと。
理由は体が必要とするすべての色波長を
栄養として与えるから らしいです。




思い出した。


昔 暖かく感じるらしいとちょっと流行った真っ赤かなパンツ。
試してみたくて生協で買ったなぁ。
お尻をすっぽりと包むズロースと呼ばれてもいいようなパンツ。

洗濯したあと
その強烈な色とフォルムに外干しがはばかられたな。

だけどお日様に当てたい。

しかし白日の下にさらしたくはない。

その葛藤の末
オットのジャージの中に入れて一緒に干す
という我ながらナイスなアイディアを思いついたっけなぁ。

後日 オットがそのジャージをはいて
体育館でバレーボールの練習をしていたとき
自分の足下から 真っ赤な布が出てきたのに驚き
それがパンツらしき形をしていることにさらに驚き
急いでポケットにしまい込んだ・・・

という話しを聞き白目を剥きました・・・っけなぁ。


白いパンツ欲しいなぁ・・・。













Posted at 18:09 | Atelier applique | COM(2) | TB(0) |