2016.02.25

初夏っぽいバッグ

横長のバッグに
仕立てました。



底には4センチくらいの
マチを作ったら
バランスがよくなりました。

ビーズ
もうちょっと付けても
よかったかもなぁ。

IMGP0402.jpg

大きさは
斉藤和義氏の会報が
ぴったりなくらい(参考にならない)

DSC02039.jpg

ソーイング本も
入るくらいです。

DSC02041.jpg

ポケットは
欲張ってふたつ。

DSC02046.jpg

反対側は
イラストチックな雲模様。

DSC02044.jpg

カメラを提げて
出かけたくなるように
と。

IMGP0403.jpg


デブ出不精仕様です。









スポンサーサイト
Posted at 18:08 | ・・・布 | COM(0) | TB(0) |
2016.02.24

やっぱり

パッチワークすることにしました。
大きさの違うのを
適当に縫いつないで・・・



下田直子熱が
まだ少し残っていたので

IMGP0406.jpg

ほんの少しだけ
ボタンやらビーズやらを
付けてみました。


ちまちまと
手縫いは楽しい。






Posted at 18:18 | ・・・布 | COM(2) | TB(0) |
2016.02.23

ライトトーンの

3センチ幅のちいさなハギレを
使い切ろうと
つなぎ合わせてみることに。



柔らかい色彩もすきです。
気持ちが和らぐよう。

DSC02035.jpg

このまま
ガーラントにしてしまおうか。

DSC02033.jpg


それとも
パッチワークして
楽しもうか。





Posted at 10:23 | ・・・布 | COM(0) | TB(0) |
2016.02.21

うまいこといくか!?

陽気に誘われ
産直スーパーへ。
そこには
それはそれは柔らかそうな葉のレタスと

IMGP0368_20160221174745c4e.jpg

ひと苗60円というパセリがあったので
ついつい買ってしまいました。

IMGP0366_20160221174744929.jpg

さて 
どうしよう。

手頃な鉢がなかったなぁ。

おお 
そうだ。
あの手でいくか。

今はすっかりオットのものになった
庭のちっっっさな畑に
それでも彼が丹精込めて
大事に育てている大根の
大きく広がった葉に隠れるように
こっそりと
ひっそりと
植える。




そう
これはまるで

卵を温めている親鳥の
スキを狙って
よその鳥が自分の卵を
こっそりと仕込み
元親に育てさせるっていう・・・


あれです。(ダーウィンがきたの見すぎ)







2016.02.19

さんかくポーチ

なんとなく
立体的なものが作りたくて
さんかくポーチにしてみました。

DSC02022.jpg

あぁ
アルファベットが
逆さまになっちゃった。



手のひらくらいの
小さめなポーチ。


飴ちゃん入れに
ちょうどいいなー。





使い道がオバハン。








Posted at 17:26 | ・・・布 | COM(2) | TB(0) |
2016.02.18

他にやらなくちゃならないことがあるけれど

何か作ろうと思い
ハギレを取り出してみました。



くしゃくしゃな様子は
まるで冬眠しているように見えますな。

アイロンをかけて
ビシッと起きてもらいます。

IMGP0381.jpg

適当に縫いつないで・・・

IMGP0384.jpg

適当にミシンキルト。

IMGP0385.jpg

今日はここまでー。








Posted at 16:24 | ・・・布 | COM(0) | TB(0) |
2016.02.17

職人技

先日キルト塾を
少し遅刻して
日本橋三越で開催された
下田直子さんの展示会に行ってきました。

本で目にしたことはあったけど
作品はどれもが
細密で手が込んでいて
色合いやモチーフは自然なんだけど
モダンで品があって
すてきすてき。

職人を感じました。

あんなに間近に
それこそ手に取るように
眺められるのにも感激して
至近距離で目を皿のようにして
食い入るように見ていったら

疲れました。



布を切ると咳が出る。

筋肉が落ちたせいで
首の付け根の骨に負担がかかり
何かするたび痛む。

そんなこんなで
ほんとうに何にもやる気になれなかったけど
ようやく
ひどかった咳も治まってきて
首も治り
気力も戻ってきたので
これでやっと何か作れる!

下田直子熱も残っているうちに
さぁ 何を作ろうか

と意気込んでいたら



包丁で右手親指を切りました(涙)







がっくりぽんだす。





2016.02.12

声と手仕事に圧倒される

昨日は
ファンクラブにも入っているのに
当日行けなくなってしまった
オットの代わりに
昔からファンだったという
私の友達に声をかけて
中島みゆきのライブに行きました。

すごい声量。
おもろいおしゃべり。

ライブの前に立ち寄ったのは
汐留ミュージアムで開催中の
「イングリッシュ・ガーデン」ボタニカルアート

ポーラミュージアムでの
「祝いのよそほい」

共通していたのは
圧倒的な緻密な美しさ。

「目で見ただけでなく
心で感じたものを表現する」

ボタニカルは
生命力を感じました。

人間て職人てすごいな。


全然関係ないけど
東急ハンズで買った靴クリームで
靴を磨く磨く。

自分の手の中で
少しずつ綺麗になっていく靴を見ていたら
元気出てきた。



「エナメルのものは寿命があるので
今のうちにいっぱい使ってください」

という店員さんのアドバイスに
びっくりです。

エナメルの靴
買ったばかりだったので
ショックー。




ずっと保つと思ってた。







2016.02.08

本と電車と冬の海

「本を読みに電車に乗ろう」

すっかり家で廃人化してしまっている私に
オットからそう声がかかり
いまだに風邪が治りきらないけれど
出かけることにしました。

おやつに和菓子を入れて。
すると
オットはパンを持ってきてた。
そういうところだけは
お互い抜かりがないのであります。



ボックス席で
本を広げ・・・

DSC01981.jpg

時々 
電車が海のそばを走るのを
眺めます。

DSC02015.jpg

館山で降りて・・・

DSC01982.jpg

そのまま
まっすぐ歩いて行くと・・・

DSC01983.jpg

海です。

DSC01985.jpg

観光案内所で
遊覧船が出ていることを知ったので・・・

DSC01986.jpg

浜辺で黄昏ている(ように見えた)
鳶を眺めたり・・・

DSC01987.jpg

仲良く泳ぐ
鴨を見つけたりしながら

DSC01988.jpg

夕日が見える桟橋
というところを進んで行くと・・・

DSC01989.jpg

遊覧船が待っていました。

DSC01995.jpg

みるみる沖へ。

DSC01996.jpg

船底で
泳ぐ魚たちが見られるというので
待っていたら・・・

DSC01998.jpg

来ました!
お魚たち。

DSC02000.jpg

昨日の低気圧の影響で
濁っているけれど
今の時期は
とても透明度が高く
美しく見えるそうです。

夢中になって
ゆらゆらする船の底で
ゆらゆらする海と魚を見ていたら・・・

DSC02007.jpg

若干酔う。


帰りは
寒風吹く中じーっと耐える。
ちょっと気持ち悪いし
何かの修行のようでした。

DSC02013.jpg

館山のんびりしていて
いいところだな〜。

波長が合うなー。





2016.02.06

作ってみたけど

ちょっと前に
あさいちでやっていたコンフィチュール作り。
一体どんな味なのか
どうしても食べてみたくなり
作ってみることにしました。

材料は
りんご2個とグラニュー糖とレモンとオレンジと
生姜にカルダモンに八角にシナモンスティック。
だったけど
砂糖は上白糖だし
カルダモンと八角はないし
シナモンは粉末。
・・・って
すでに違うもんになってる気がします。



煮る。

DSC01974.jpg

煮詰める。

DSC01975.jpg

煮過ぎた。

DSC01976.jpg

えらい固まってしまった。

DSC01977.jpg

味は・・・いろんな味がします。(それだけ!?)
パイ生地につけて食べたら
美味しそう。

ずっと冷蔵庫にあった梅酒の梅と
レモンビネガーのレモンを刻んだあと
りんごの皮を煮て作ったジュレが
なぜか固まらなかったのでそれも入れて
無理やりジャムを作りました。

DSC01978.jpg

味は・・・梅のあとにレモンがきます。
お互いきっちり分かれてる感じです。


無理やり合わせたら
いかんのやね。



どうやって食べよう・・・。



2016.02.02

ガールズトークの秘密

ドームの作品が戻ってきました。
丁寧な梱包です。



久しぶりに対面。

今回は中心部分はハンドキルティング。
太めの黒い部分は1.2センチのミシンキルティング。
そしてコラージュ部分は0.7センチのミシンキルティングと
それぞれセパレートさせて仕立てました。
キルティングの収縮率が違うので
歪みをなくすためです。

DSC01965.jpg

スカラップはフェルト地です。
少女が半分だけ見えてるのが
ちょっと怖い・・・。

DSC01967.jpg

音符の柄はIKEAの生地。
空間に
ガーラントをアップリケしました。

その上の水玉生地には
毛糸で刺繍をしたんだけど
隠れちゃったなぁ〜・・・。

DSC01969.jpg

アンティークの
黒地に白マーガレットの生地と
この女の子の組み合わせが好きでした。

DSC01968.jpg

この蝶々の柄も好き。

スカラップ周りの
ピンクとグリーンの小さなスカラップも
フェルト地です。
ミシンで刺繍して
イラストチックにしてみました。
この部分は土台から浮いています。

DSC01970.jpg

いやぁ〜・・・
いろいろなことを思い出します。

DSC01635.jpg


なかなかアトリエに足が向かず
まだ針も持てていませんが
なにか
簡単なものでも作ろうかなぁ。










Posted at 12:53 | Atelier applique | COM(4) | TB(0) |